--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.21

PC操作も適当なところで止めないと……

「PCに向かって何かをする」という動作自体に、筋肉が疲労してしまう様々な要素が含まれています。
「イスに座ってモニターを見て、マウスを操作しつつ、キーボードをたたく」という行動ですが、実はこのときいくつもの筋肉が同時に動くため、姿勢の維持のために筋肉が部分的に緊張しています。
姿勢を保つため、一部の筋肉が長時間緊張したままだと、血流が悪くなり、腰部が重だるく感じたり肩がこったりなどの症状を引き起こすことがあります。


かたまった筋肉をほぐすためには、適当に仕事の手を止めて席を立ち少し歩いてみたりストレッチをしてみたりなどの、ちょっとした運動がポイントになります。
いったんPCに向かうときの姿勢をくずし、負担がかかっていた筋肉を刺激します。
すると血流がよくなるため体が軽く感じ、同時にリラックスもできます。


PCやイス、机が標準となる位置にあり、正しい姿勢で操作をしていたとしても、これが連日になると、どうしても筋肉は疲労します。
ですから、これが無理な姿勢だったときの体にかかる負担は絶大なものとなるです。


負担をかけた期間が長くなればなるほど、腰の不調や肩こりが慢性的になってしまうリスクが高まりますので、PCの配置と操作時の姿勢を早めに見直しましょう。

 | HOME | 

プロフィール

ringo265400

Author:ringo265400
かわいいだけのリンゴだと思ったら、大間違いです!

最新記事
月別アーカイブ
ユーザータグ

ストレス 原因 調整 高脂血症 体内時計 心の病気 睡眠 フィブレート ダイエット 複雑 内痔核 遊び疲れ 外痔核  グレリン うつ病 スイッチOTC 改善 野菜 冷え性 燃え尽き症候群 愚痴 悪口  忙しい 一般用 入浴 医療用 医薬品  痛み レプチン お風呂 ノロウイルス 特徴 アパシー 胃腸炎 胃腸風邪 3ヶ月 節目 現実逃避 病気の症状 副作用 高血圧予防 妊婦 メリット アレルギー性鼻炎 レーザー治療 適応障害 老眼 対処 横になる めまい 30代 エイジング・ストレス 20代 長生き 死亡率 更年期障害 白内障 現象 老化 カップル 独身者 抜け毛について 

カテゴリ
オススメブログ
フリーエリア
  • SEO
  • loading
  • りんごの健康日記@大阪
  • seo
RSSリンクの表示
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。