--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.13

カルシウムでイライラを抑えよう

カルシウムにはイライラを抑える効果があります。

イライラするのはカルシウム不足というのは、
決して都市伝説ではありません。

これは科学的にも説明されていることなのです。

最近、どうもイライラすることが多いという方は、
出来るだけカルシウムを取るようにしましょう。

またカルシウムというのは吸収されにくい栄養素です。

その吸収を助ける為に、
ビタミン類も一緒に摂取すると効果的ですよ。

◆癒しを与えてくれるマッサージ店
熊取町 出張マッサージ

◆近所にあるマッサージ店を探すのに便利なサイト
出張マッサージ
スポンサーサイト

2011.01.06

30を過ぎるといきなり苛まれる、エイジング・ストレス

自分の素顔を見ると落ち込んでしまう、自分より年が下の子だけがちやほやされて、孤独感を覚えてしまう、といった具合で、「若くはない自分」に気づいてしまい、「エイジング・ストレス」に陥ってしまう瞬間が、ある日突然訪れます。
世の中には、若いからこそ許されることや、価値があることが少なくありません。
そのため、若いうちは「若さ」があることのメリットを最大限に活用して、利益を得ているものなのです。


しかし、それだけを武器にしていると、強い不安感や喪失感に苛まれる日がいずれ必ず訪れます。
それが、30歳前後から徐々にあらわれてくる「エイジング・ストレス」です。


実際、人間の脳の働きにおいても、30歳前後を境に大きく変化するのです。
新しい情報を次々にインプットして、脳のネットワークを築きあげていく働きが活発であるときは、20代までなのです。
30代になったら、それまで築きあげたネットワークをつなぎ合わせていくという働きが活発になるのです。
つまり、吸収の時期は20代までで、30代以降はそれを応用する時期、となります。
これがうまくできないと、エイジング・ストレスに悩まされてしまうのです。
若さだけに執着することなく、年を重ねてはじめて新しく発見できる自分を見出すことこそ、人生の醍醐味なのではないでしょうか。

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

Tag : エイジング・ストレス 20代 30代

2010.12.22

原因がひとつではない、心の病気

心の病気において、分かっているようでもいまいち分かっていない部分も多くあります。
何か辛い出来事があったときに心が落胆してしまうのは当たり前なのですが、「うつ病」においては、辛いことが原因で落ち込んでいるのかというと、そうとも限らないのです。
うつ病に限りませんが、これだと言えるような単一の原因が、心が病気になってしまうことにおいてはないのです。


体の病気だったら、誰であっても発症する原因はほぼ同じです。
例えばインフルエンザならば、インフルエンザウイルスが体内に入って増殖し、臓器や組織を攻撃するという共通の原因と仕組みが明らかになっています。
これに対して心の病気は、各個人の体質的な要因や心理的要因、環境・社会的要因が複雑に関与して生じるものです。


また、心の病気を発症するかどうかは、生まれつきで決まるものでもありません。
全く同じ遺伝子を持つ双子(一卵性双生児)において、そのうちの一人に心の病気が生じても、もう一人のほうも必ずしも同じ病気になるという訳ではないのです。

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

Tag : 心の病気 うつ病 複雑 原因

2010.12.01

どうしてストレスで胃の痛みを訴えるのか

常にストレスを抱えていつもイライラしていたりしていると、胃の痛みを訴える人が少なくありません。
なぜそうなるかというと、「副交感神経」という、自律神経のうちのひとつが一時的に活発になりすぎたためです。
そのため、消化するのに必要な「胃酸」が分泌され過ぎ、胃の粘膜にダメージを受けてしまったということなのです。


緊張した状態だと「交感神経」が優位になるはずが、一時的にでもなぜ副交感神経の作用が強くなるのでしょうか?


交感神経と副交感神経には、常に五分と五分のバランスを維持しようとする、という特徴があります。
そのため、ストレスを感じることが長く続き、交感神経が優位のままでいると、一時的に副交感神経の作用も高まってしまうのです。
このとき、大量の胃酸が分泌されるため、胃の粘膜が傷ついてしまいます。
その結果、胃が痛いと感じたり、程度がひどいと胃潰瘍にもなってしまいかねません。


したがって、緊張状態から抜け出せない人は、普段からたまったストレスを解消したり、ストレスをかわしたりすることを心がけましょう。

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

Tag : ストレス 痛み

2010.11.26

忙しいとストレスを感じるけれど、暇なのはもっとストレスを感じるのです。

現代では新しいタイプのストレスがたくさん生まれており、かつてのように忙しいということだけがストレスの原因とは限らなくなってきました。
例えば、仕事があまりにも暇だという状態も、自分が評価されていないからではないか、あるいは、会社の経営が上手くいっていないのかなどと、心配の種となり得るのです。


「仕事があまりにも暇」という要素が、「ノルマや時間に追われる」という要素以上にストレスを強めてしまい、高血圧を発症、または悪化させる要因になるというデータもあります。
失職ストレス、リストラストレスなどは、こうした心理が働いて募るストレスなのです。


もちろん、ノルマに追われる焦りや緊張も、大きなストレスであることには変わりません。
バブル時には、企業の最前線で働く若手ビジネスマンに、成績を向上させるノルマが常に課せられていました。
しかし、経済的な締め付けがきつくなってきた今、限られた資金と労働力の中で生産性を上げ、一定の業績を維持することが要求され始めました。
30歳後半以降の中間管理職に、そのような責任が集中してしまうことが多いようです。


[PR]
出張マッサージ 品川
マッサージ 新宿

テーマ : メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

Tag : ストレス 忙しい

 | HOME |  »

プロフィール

ringo265400

Author:ringo265400
かわいいだけのリンゴだと思ったら、大間違いです!

最新記事
月別アーカイブ
ユーザータグ

ストレス 原因 調整 高脂血症 体内時計 心の病気 睡眠 フィブレート ダイエット 複雑 内痔核 遊び疲れ 外痔核  グレリン うつ病 スイッチOTC 改善 野菜 冷え性 燃え尽き症候群 愚痴 悪口  忙しい 一般用 入浴 医療用 医薬品  痛み レプチン お風呂 ノロウイルス 特徴 アパシー 胃腸炎 胃腸風邪 3ヶ月 節目 現実逃避 病気の症状 副作用 高血圧予防 妊婦 メリット アレルギー性鼻炎 レーザー治療 適応障害 老眼 対処 横になる めまい 30代 エイジング・ストレス 20代 長生き 死亡率 更年期障害 白内障 現象 老化 カップル 独身者 抜け毛について 

カテゴリ
オススメブログ
フリーエリア
  • SEO
  • loading
  • りんごの健康日記@大阪
  • seo
RSSリンクの表示
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。