--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.13

ダイエットにおいても、睡眠は大きなキーワード

美肌を維持するためには睡眠が大切とはよくいわれていますが、ダイエットにも質の良い睡眠がネックになります。
海外で行われた研究によると、7~8時間眠る人の肥満度は一番低く、それより睡眠時間が短くても長くても肥満度が上がるというデータがあります。
どうして睡眠時間が短かったりすると、肥満になりやすいのでしょう?


それは、「レプチン」と「グレリン」という、体内のホルモンバランスが保てなくなってしまうからです。
レプチンは脂肪細胞から分泌される、食欲抑制に効果があるホルモンです。
一方、グレリンというホルモンは胃で作られ、食欲を増進する作用があります。


睡眠時間が短いと、レプチンが減少し、グレリンが増えてしまいます。
睡眠時間が5時間の人と8時間の人とを比較してみると、レプチンは16%少なく、グレリンは15%増えているのです。
つまり、睡眠時間が短いと、食欲が強くなって太りやすい身体になってしまいやすい、ということです。
ダイエットとあらば、マッサージ 天王寺区でも十分な効果があるんですがね。


睡眠不足はダイエットにはご法度ですが、十分な睡眠を得られれば、体重をうまくコントロールできるようになります。
睡眠時間を削る実験を終えた後、2日連続で10時間睡眠をとったところ、食欲におけるホルモンが正常値に戻ったのです。
そこにマッサージ 新宿も加えれば、理想の体型を得るのは時間の問題ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : レプチン グレリン ダイエット 睡眠

 | HOME | 

プロフィール

ringo265400

Author:ringo265400
かわいいだけのリンゴだと思ったら、大間違いです!

最新記事
月別アーカイブ
ユーザータグ

ストレス 原因 調整 高脂血症 体内時計 心の病気 睡眠 フィブレート ダイエット 複雑 内痔核 遊び疲れ 外痔核  グレリン うつ病 スイッチOTC 改善 野菜 冷え性 燃え尽き症候群 愚痴 悪口  忙しい 一般用 入浴 医療用 医薬品  痛み レプチン お風呂 ノロウイルス 特徴 アパシー 胃腸炎 胃腸風邪 3ヶ月 節目 現実逃避 病気の症状 副作用 高血圧予防 妊婦 メリット アレルギー性鼻炎 レーザー治療 適応障害 老眼 対処 横になる めまい 30代 エイジング・ストレス 20代 長生き 死亡率 更年期障害 白内障 現象 老化 カップル 独身者 抜け毛について 

カテゴリ
オススメブログ
フリーエリア
  • SEO
  • loading
  • りんごの健康日記@大阪
  • seo
RSSリンクの表示
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。